2012年07月

柔道男子66kg級準々決勝

地元出身海老沼匡選手の試合でしたが、




酷い審判方でしたね・・・




判定青三本の旗が挙がった時の会場内のブーイング。
あのブーイングは正しかったと思います。




あのブーイングシーンを見て、





「おーーーー、さすがヨーロッパ!」(観客は各国の方がおりますが)




と、
ヨーロッパサッカーの試合を観ているかのような錯覚に陥りました。




しかし、昨日の柔道の審判方は66Kg準々決勝以外でもグダグダでしたね。
主審が判定した後、副審と集まり、ポイントを取り消された試合がいくつあったことか。
国際試合がこんなんでいいのか、とあきれました。





海老沼選手、3位決定戦での一本勝ち気持ちよかった。



やはり日本の『柔道の型』が綺麗だな、と思いました。
諸外国の選手の型はどうもレスリングに見えてしまう。





海老沼選手の出身校の下生井小学校、
わたしが通っていた小学校の、小3か小4の頃の歩きでの遠足のコースの一部だったなー。
下生井小まで歩いて、休憩かお昼にしたんだったなー。確か。

400メートル個人メドレー

銅メダルを獲得した萩野公介選手、
まさに地元出身の選手。(not宇都宮)

高校生なのにあの落ち着き。


わたしが高校生の頃…


ユニコーンにキャーキャー言ってたな(笑)。


萩野選手の凄いところは、
作新学院英進部在学中というところ。



作新の英進部、
学力凄いんだよね。


(^_^;)



わたしの頃の作新の英進部は、
「英進部英進科」「英進部進学科」に分かれていて。


その、英進科に当たるんだろうな。



自分も英進部受験しました(苦笑)。
推薦枠で凄い試験がありまして…


自分の理由が凄い(苦笑)。
そして当時の試験具合が凄い。



「面接、筆記試験無し、成績表の平均&内申書の総合で」



みたいな試験…



で、




「英進科の基準に満たない者は、進学科合格とする」



と、試験項目に入っていたんです。




面接、筆記試験無し…
今じゃこんな試験はあり得ないと思います。




で、ギリギリ評定基準をかすってた自分、
「面接、筆記試験なしか!進学科合格あり?」



立候補しましたよね。試験に。
先生には、えぇ、



「無理だよー(苦笑)」



と言われました。




覚えてるんだけど、



「英進科狙いじゃありません。進学科狙いです。」



って先生に言った記憶がある(苦笑)。




無事、進学科(^_^;)に合格し、
作新のこの試験に合格した生徒が校長室に呼ばれたんです。




そのメンツがスゴかった…
先生にあなたはムリって言われた理由が分かりました(苦笑)。
わたし以外はみんな英進科合格(^_^;)


どう見ても、模擬やら学校内試験に10番以内に常に入ってるメンツ…



これも覚えてる。
校長室に集まったみんなから、



「え、受かったん?!」



と言われた(苦笑)。




まぁ、受かったもん勝ちでしょー




わたしが住んでいる県、わたしの頃は県立受験がメインでした。
作新に無事に合格したので、安心して県立受験に挑みました。



無事県立高校に合格し、
楽しい高校生活を過ごしました(^-^)




高校、本当に楽しかったなー
女子高バンザイ\(^o^)/














クッションカバー

クッション


いままで使っていたカバーはニットのカバー。



さすがにここ最近の暑さでニットは・・・・





暑苦しい!!




代わりのカバーももちろんあるのですが、
なんだか勢いで作ってしまいました。
ドット柄~



うちは、1階のリビングにしかエアコンがありません。
ミシンが置いてある2階はもちろんエアコン無し。


扇風機回しながら作業しましたが、あつかったーーーーー



保冷剤を首に巻きながら作業しましたが、すぐ溶ける・・・・



でもなんとかいい感じに出来上がりました。
やっぱり気に入っている布で作るのは楽しいですな

毎日書道展

習字1


最終日に行ってきました。
最終日の閉館時間を把握せずにお昼を食べようとお店に入り、時間を確認すると、


「2時30分(入館は30前)」


と書いてある。



・・・・2時30分??あれ?今何時・・・・・



頼んだ物がテーブルに運ばれ、時計を見たら1時30分。
10分で食べたよね。
お店から美術館まで歩いて10分はかかるであろう場所だったので、
逆算してお店を出る時間はせいぜい、1時40分ちょい。
でも、わたしの食べるペースじゃとても食べ終わらないので、
先に食べ終わっていたダンナ氏にわたしの残りを託す(苦笑)。



そこから急いで美術館に向かいました。
うちの教室の皆の作品は6作品ありましたので、どのブースに展示されているか美術館の方に検索していただき、


そのときに頂いた言葉が、



「あと30分ですが大丈夫ですか??^^」



「大丈夫です。」



「頑張ってください^^」




笑。




新しくなった館内をダッシュでまわり、あいうえお順に展示してあるのですが途中で気がついた。




「自分の見つけるの忘れた。」



「あ」なので間違いなく入り口付近なんですが・・・



戻りました(笑)。




東京都美術館内を閉館まで観覧し、受賞作品、諸先生方の作品が展示されている国立新美術館へ。
上野から六本木へ。


国立新美術館の方の作品は本当に見事です。
小山先生や母が所属している教室の先生方の作品、そして母の作品。



字から出る雰囲気が本当に違うんだ。
小山先生、来年90歳。
90歳が書いていると思えない迫力のある作品。



勉強、勉強。



疲れてるところ付き合ってくれたダンナ氏ありがとう^^


わたしの気持ちを代弁しているかのような・・・

ブログがありましたのでトラックバックさせていただきました。


【 ドラマ@見取り八段・実0段 】


さんの、ドラマをレビューしているブログなのですが実に見事。


読ませて頂いて「そう、そうなのよ!」と1人納得しながら読ませて頂きました。



7/21日放送の第96回で、この朝ドラの中で唯一と言っていいほどキャラが立っていた、ある時は堅物で、ある時は変人で、生真面目で愛らしい松岡さんが、ついにドラマから退場されてしまいました。ここで、松岡さんをもう一度振り返っていきましょう。「梅ちゃん先生」番外記事 さようなら。松岡先生。 松岡さんが初めてこのドラマに登場したのは5月7日放送の第31話です。梅子、城南医専時代、松岡さんは帝都大の学生ですね。ダンス...
【梅ちゃん先生】番外 松岡敏夫(高橋光臣)先生まとめ。「さようなら。ボウケンレッド」






土曜日にドラマを見て、喪失感満載(どんだけ松岡先生に影響受けてんだ?(笑))のまま車に乗り込み白馬へ。
梅子じゃないけど、
『白馬』『チャリレース』という気を紛らわすことの出来るイベントがあってよかった(バカ。)。



【 ドラマ@見取り八段・実0段 】さんも書かれていますが、
松岡先生と建造(梅子パパ)のシーンは本当にいいと思う。


建造への気持ちを言葉にした松岡に、やさしく「パチン。」と平手打ちする建造。
次に、松岡の肩を力一杯叩き、
「頑張って来い!」
とエールを送る建造。


もうさ、泣いたよね。ココで。
松岡先生役の高橋さんが体育会系の方だからか、
建造に頭を下げる時の雰囲気がいいんですよね。。



W高橋最高だよ!




こんなに松岡先生役の高橋光臣さんに感化されるとは。
クレジットが出たとき『光臣』が読めないし、「高橋光臣って誰?」っていうレベルだったのに・・・



カーネーションの糸子役の尾野真千子さんと共に応援いていこうと思える俳優さんに出会えました。




はぁ、
すっきりしたーーー


白馬満喫中ー

方向音痴自分。


ですが、


迷いに迷いながらマイチャリでなんとか検索していたお店を訪ねております。



緑が凄い。
新緑バンザイ!


チームの皆さんは120キロをのんびりとライド。
今日はレースというより、
風景を楽しみながら、らしいです(^-^)



山道ですけどね(^_^;)



ゴールのスキー場の坂道をチャリで登りきれるか不安…(苦笑)

SPECIALIZDDAYS

長野県Hakuba47というスキー場で、ロードバイクのイベントへ。


今日の夜中12時に、チームのみなさんと茨城県つくば市からチャリ自走でこのスキー場へ。

わたしは車で、9時に出発。
しかし、上信越で濃霧視界ゼロには焦った(^_^;)


無事、午後4時前に会場でみんなと合流(^-^)。


スタート地点は好きな場所から、
ゴールがこのスキー場という走行距離を争うルールだそうで、



見事、ダンナ氏がお世話になっているチームが優勝しましたー!



なにせ、スタート地がお店のある茨城県つくば市ですからね(^_^;)
昨晩、ダンナをつくばまで送り届けましたよ(笑)。



皆さん、事故なく無事到着して良かったー(^-^)


明日もレース。


120キロですが、
途中途中、名物品などを食しながらの楽しみライドらしいです(^-^)


わたしは、のんびり白馬を散策しようかと。



さすがに夜中12時出で長野まで走りましたので、
ダンナ氏、イスで舟漕いでます(^-^)。



明日も朝が早いので、
寝ようとしますかね(^-^)

洗濯。

かばん



このかばんを購入して、たぶん14、5年が経過。



購入して依頼、表面を水拭きしたりすることはあるけれど、
だいぶ汚れが目立ってきた。




そもそも、



かばんは洗濯していいものか悩みましたが、
好奇心が先立ちました。




えいっつ  やっ!



と、洗濯機であらってみました。





さすがタンカーシリーズ。
どこも異常なし。
キレイになりました





ティッシュケース



木曜日の公民館の生徒さんから(と言っても、母より年上の方)頂きました^^
手作りのティッシュケース。

わたしは木曜日の稽古は参加していないのですが、



「娘さんにどうぞ^^」



ということで、母が頂いてきまして。
一度もお会いしたことがないのですが、




なんということでしょう。




わたしの好きなドット柄ではないですか!
一目でお気に入り。



うれしー



ありがとうございます。
早速使わせて頂きます^^

準備。

ちょっと一休み。
木曜日、金曜日は自分はとりあえずお休みの日。


そんな中、母より「公民館用の短冊の紙が足りないのー!ちょっとあんた今車出せる?マンション来て!」


うちの教室では、市より依頼されて公民館でも書道を教えているのですが、
今日の教室で使う紙が足りなかったらしい。


よかったよー、




着替えてて。




笑。
ばたばたと紙を作成し、
今週末、ダンナ氏チャリのお供で長野県の白馬に行くのでその準備。
ダンナ氏や仲間のみなさんは、



地元からチャリで長野入りします。




ちゃりで長野県白馬入り。だそうです。




と、とりあえず、
事故のないようお願いしますよ・・・・



わたしは1人、車でブーーーンと向かいます。




高速乗り間違えしませんように・・・・笑。
ダンナ氏にも言われたわ。



「無事に着くか心配。ナビにコースを入れとくよ!」




頼んだよ!ダンナくん!(笑)






あー、
今日の『梅ちゃん先生』、



『松岡神回。』だったなー




バーでの登場シーン、本当に吹いた。
酔って、松岡先生の壊れていく姿といい、
下村医院前で寝ちゃってる姿といい、
そこからラストのシーンまで、
神がかってたと思う(笑)。



でも、松岡祭りもたぶんあと2日。
土曜日はどんよりした気持ちで白馬入りするかもしれない(苦笑)。




期日前投票

今週末、市長選があります。




が、





1つ「はぁ?」とカチンときた立候補者がいらっしゃいましたので、





その方には投票しませ~~ん。






とある、買い物からの帰宅後、
自宅近くのT字路。
家まであと数メートルってとこで、軽く正面衝突するとこだったのです。





とある立候補者の選挙カーと。






自宅前付近の道路は車1台しか通れない幅。
T字路を右折して家に向かうのですが、
道路にミラーが立ってないので、窓を開けて『音』で確認するしかないのです。
車が来ているかどうかを。






まぁ、選挙カーのあの「ありがとうございます^^ありがとうございます^^、○○○○でございます。」
という大音量が右側から近づいてきたので、
右折しないで待ってたんですよ、選挙カーが通過するのを。





が、しかしです!





1台しか通過できないスペースを速度も落とさずに、一時停止もするそぶりもなく、





左折してきた。






んでさ、
わたしが乗ってるハイエースくんで道路一杯なわけ。
わたしがいる道路。





でも、その選挙カー、






止まろうとしないんだよ!前進してくるんだよ。






え?おまえ何様?





しばらく選挙カー1台目の運転手をにらみつけていたのですが(えへっ)、
前進してきて拉致あかないので、





わたくしの男前な運転でバックして車を避けて差し上げました。





選挙カー2台通過シテイキマシタヨ。
意味のない、笑顔で手を振りながら。





2台ともの方々を睨んじゃったわよね。
申し訳ないけど。
睨んでみたけど、選挙カーに乗っていたお手伝いの方々と誰1人として目が合わない。




どういうこと?(笑)




マイクを使っても使わなくても、選挙カーに乗っているどなたか1人でも、
「すいません。ありがとうございました。」
的な発言があれば、こちらとしても、



「いーえー^^道路狭いですからねー(社交辞令ww)」的な笑顔で少しは交わせたと思うのですが、




全くなかったからね。




片手を挙げて「(すいません)」というような合図も無かった。





あー、思い出しただけでも腹立つわー。

















猫だ。

猫。




やっとわかった。





なにがって?






ダンナ氏のちょっとした行動が(笑)。





猫。






猫って、人間のコトバがわかる時があるの。





その時の雰囲気に似てる。
ずっと猫飼ってたから、
なんだろ、
猫だ。





実家に6匹いるしw






でもね、






ダンナ氏、






ネコニガテw

どなたかのコメントが、

秀逸で笑った(笑)。



『真希ちゃんにとってもチーフにとっても押しも押されぬ代表作になった。五年越しであの第一寮から真希ちゃんをさらう男が出てこようとは!』




五年越しであの第1寮から真希ちゃんをさらう…




笑った(笑)。





ですよねー(笑)






あの第1寮の大国町光臣が(笑)。
寮長にいつも一撃でやられてた大国町が(笑)。





芦屋をかっさらった(笑)。





佐野ーー!(笑)






違うけど(笑)。





今日の放送で、
松岡先生、下村家のお母さん&おばあさんは完全にウェルカム状態だったね。





この関係がいつまでも続けばいいのに。
松岡派の視聴者、
みんな望んでるよね。





…でもさ、






松岡せんせぇ~。・゜・(ノД`)・゜・。

大好きな歌。

夏になると聴きたくなる曲。


ザ・ベイビースターズの『夏のちから』。




http://youtu.be/sxudbqZy9H8



この曲、本当に大好き。
2004年の曲なのに全然色あせない。



メジャーデビューしてからの彼らの活動期間はけして長くなかったけれど、
短期間に大量の名曲を残して行きました。



(ベビスタVoの田中明仁が、韓国のグループ『2PM』の日本デビュー曲『TAKEOFF』の作曲に携わっていることをここでコッソリ宣伝




このバンドのおかげで、妹を始め、いろんな友人が出来たんだ。
大人になってからの友人。
もうね、とにかく思い出が多すぎるバンド(笑)。




この、ザ・ベイビースターズが2002年にデビューして、10年後の今年、
メンバー4人が再集結。




鳥肌立ったよね。
10月に下北沢GARDENに再集結。
みんないいおっさんになったけど(わたしも負けずにオバスンだけど)楽しみでたまらない。




もう1曲。
わたしの中の神曲(笑)、『360°カメラ』

http://youtu.be/O_tFRapAr1k



いやがおうにもテンションが上がる曲(笑)、『スパイラル』。
http://youtu.be/FVVe9tX9mko




アニメ『ワンピース』を観ていた方は知ってるかな?『ヒカリヘ』
http://youtu.be/_vrEq_vDRBM

あついね。

ひまわり



ダンナ氏がGSで頂いてきた花の種たちが絶賛成長中ーー


ひまわりが開花


全部で8本咲く予定

今更ながら、

『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス』をYouTubeでちょいちょい見てしまう。





堀北真希の方ね。




うん。





梅ちゃん先生の松岡先生役の高橋光臣目的ですがナニか?





(笑)。





当時もリアルタイムでこのドラマを見ていたけれど、





高橋氏の記憶がまるでない。





が、
見直してみると、





「あぁ!はいはい、記憶ある記憶ある!」




ってなった(笑)。





芦屋をいじめてたよねー。
柔道着着てたよねー。
テンション高い役だったよねー(笑)。





記憶蘇ってきた(笑)。





今見ても、このドラマ古さをあまり感じさせなくて、
そして面白い。
グダグダなところはとことんグダグダ、締めるところは締める。
中津、いいわー。





メリハリ効いてる。





しかし、
芦屋&大国町ペアを観た後に、
梅子&松岡ペアを観ると、





演技をする方々は本当に凄いと思う。





大国町と松岡先生のギャップはびっくりする。




同じ人とは思えない。





ドラマを見直して気がついた。





ポスターとドラマOPで使われている集合写真、
脇役陣は微妙に並び位置が違うのね。

毎日書道展本日開催

鄙貞ュ誉convert_20120711101547



本日より、国立新美術館で開催です。


http://www.mainichishodo.org/ex_top.php



国立に展示される作品は、


各賞を受賞された作品、
会員以上の諸先生方の作品。




国立の方に展示された作品を見ると、言葉は悪いですが、




「うーわ、すっげー!」



となります。



刻字部(主に雅印。作品用の印)の作品も、




「やー、よくこんなに細く彫れるねーー!」




となります(バカ。)。




でも、今流行の前衛書の作品はちょっとよくワカラナイ・・・・アートだからね・・・





今年は入選者の作品は一括で東京都美術館での展示なので見に行くのが楽になりました
自分の作品も展示される東京都美術館は来週から^^



国立での展示は名字のあいうえお順で期間を区切られていたので、
うちの教室の生徒の皆さんの作品も見に行くことが出来ないことがあったのですが、
今年はそういうことがない。



(あ、母の作品が国立の方だ・・・。先ほど期間が『前期Ⅰ』なのか『前期Ⅱ』なのか確認すると「忘れた。」ですと・・・。午後からの稽古で確認しよう・・・)




県内の市内からの入選者で、『かなⅡ類』の入選者はうちの教室の生徒のみ。
これはすごく嬉しいこと。




解せない。

いろいろなことが、




いろいろなことによって、




解せない。




だもんで、




帯状疱疹跡がイタイ。





解せない。




解せない。by松岡敏夫






……としお?





松岡センセ、『としお』って名前付いてたんだ。





『としお』って響きヤバくないか?(笑)。





あの、鼻にかかった声で、





「とすぃお~☆」




って浮かぶ(笑)。





『クリーミィマミ』だ(笑)。





もしくは、





『キャッツアイ』の瞳か。





なんだ、
この日記。

好きな風景。


家から歩いて数分の場所に広がる



見渡すかぎり一面の田んぼ。




落ち着く。


プリン

プリン2



通過する度に気になっていたパン屋さん。
カフェのようなオサレなパン屋。
最近OPENしたような感じ。



今日もおつかいで、このパン屋さんの前を通過。



看板が出ていて、開店していることを目視。



いつもだと帰宅ルートはこのお店の前を通過しない道で帰るのだけど、



今日は『寄りたい感』が大きかったので、同じ道を戻って来た。




お店の中に入ると、イートインのスペースが広い^^
綺麗



知的障害者の施設で運営しているお店なんだそう。
しかも、市内2号店。
もちろん店員の方も、中で作業されている方も施設の方。



マドレーヌとプリンを試食させて頂いて。
味は凄く落ち着いていて、
マドレーヌの油具合、プリンのバニラビーンズ具合がくどくない。




美味しいぞーーーー!




プリン即買い(笑)。



しかも、プリンが売り切れた後に再度作ったという




できたてほやほや。




わーい^^

店員さんに「まだ温かいのですが、よろしいですか?冷蔵庫で冷やして頂ければ・・・」




店員さんが言い終わるか終わらないかのタイミングで、



「わ、嬉しい。できたてですね^^」



とかぶせちゃったもんだから、施設の長の方に笑われたー(笑)。




夜食べるのが楽しみ^^

ドラえもんカラー


昨日のレース後、直帰せずに御殿場で一泊。

せっかく御殿場で宿泊したので、
御殿場アウトレットでお買い物。


靴が欲しかったのですが、
女性らしい靴を購入すればいいものを、どうも好み上、目がいかない。



苦笑。



アディダスのお店へふらっと入店。



ダンナの目が光った。



笑。



瞬時に彼が目にした物がわかった。



それは、セルリアンブルーのハイカットのスニーカー。



「これかわいいじゃーん(^-^)いいじゃんコレ。」



と、ダンナ。
ダンナ、ウキウキ(笑)。



お、おぅ(汗)。



普段、あまり明るい色の物を購入しないので、
あまりの水色ぶりにチョット躊躇(笑)。



でも、かわいい。



履いたらもっとかわいい。



決定。



かっちった♪











フジ55








富士スピードウェイでロードレースの大会でした。


ダンナ氏が250kmソロに出場。


リザルトは総合で31位。
本人もその結果になかなかなようでした(^-^)


年代別の30代では何位だったんだろう…


途中雨に降られ、路面が滑りやすくなって来たので落車に巻き込まれないか心配でしたが、
無事250km走り抜きました。


後半、バテずに一定の速度で走りきれたので見ていて安心しました(^-^)



本当にお疲れさまさまです。




画像の左に写ってるカッコいい女性、
実は知り合いなんです。


この写真本当に格好いい。


でも、サングラスを外すと雰囲気の柔らかいめっちゃ可愛い女の子なんです。




なのに、めっちゃ速い&強い(笑)。



外見からは想像出来ないレース運びをします。
そして、彼女の旦那さまも速い&強い。


最強夫婦です。


旦那さまは昨年のレースで優勝。
今年は残念ながら2位(>_<)



それでも凄いことなんですけどね(^-^)



しかし、250kmて凄い距離だよね(汗)
ダンナ氏曰く、



「飽きる…」



ですよねー(笑)。
7時間もぶっ通しで走りますもんね。
でも、飽きる前に皆さんよく大量が続くなぁ、と
応援している側は、
毎回そのことに感服です。