2013年07月

裏磐梯。


に旅行中~

2日目は晴れた!

画像は五色沼の『るり沼』だったか、『弁天沼』だったか…^^;


毎日書道展。

作品


先週、自分&うちにお稽古に来て下さっている生徒の皆さんの作品を見に東京都美術館へ。

昨日、母&先生方の作品を見に、国立新美術館へ行って来ました。



初めて母と毎日展を見に行ったかも^^;


画像は母の作品。
(ズぶんの作品は見る度に凹むので割愛ww)



この作品、母は締め切りまですんごい悩んでたのです。


書いた物を、「これはどう?こっちはどう?」と、あーだこーだとワダスに見せるわけです。
ズぶんは、


作品から感じ取る、紙&墨&字体の雰囲気(デザイン画を見る感じですかね)を見て、


「これよりもこっち。」「あー、これがいいかも。」とわたしの場合は『ぱっと見』で母にGOサインを出すわけです。


「やっぱりアンタもそう思う?」


と意見が合致した作品が画像の作品です。



実際、毎日展へ出品された作品の入選・落選を決める際の作品を眺める時間は『3秒』ぐらいなんだそうです。
確かに、3万点以上出品がある作品を10数名の先生方が決める訳ですから短い時間で決めると言うのも無理はありません。



が、わたしレベルの人間でも『ぱっと見』でやはり分かるんです。
同じ物を数枚書いて比べた時に、不思議なことに出来上がっている作品に目が行くんです。


買い物をしたときに、色やデザインなどに「わ、コレいい!」と自分が呼ばれるときがあると思うのですが、
悩まずに気に入った物が見つかった時の感覚に似ていると思います。




さて、話を元に戻して(笑)。


額に入った状態は当日にならないと分からないので、
この鶯色(?)のような淡い若草の色合いのマットと作品がすごく合っていて、


「いいじゃんこれ!」と自分の母の作品ながら褒めました。母をw(自分の作品はどうなのよ^^;)


母も「あらー。」なんていいながら嬉しそうでした。




小山やす子先生&母の書道仲間の皆さんの作品を見た後、わたしの大好きな場所、
国立新美術館のミュージアムショップへ


小さい頃からデザイン物の本や、美術関係のグッズを見るのが好きなわたし。
以前図書館で借りた色彩本の姉妹本が売っているー!



日本の配色
『日本の配色』という日本古来の伝統作品などに使われている色図鑑のようなもの。



ただ眺めるだけなんですけど、こういう本好きなんでよすねー

ヤンバルクイナT

ヤンバルクイナT


NHKの朝ドラ『あまちゃん』で、
主人公、天野アキちゃんが所属しているアイドルグループ『GMT47』のメンバー、
喜屋武(きゃん)エレンちゃんが着ていたTシャツ(説明長っ!)


沖縄出身の彼女(本人も沖縄出身)、うちなータイムでマイペースな性格。だけど相手のココロを察知して、
やんわりと「(空気読んでるけど、読んでないフリさー)」的な変化球で相手を労る、すごくいい子。


彼女が劇中で着ていて、ツイッターでも「きゃんちゃんが着てたTシャツカワイイよね?」と話題が挙がっていまして。


絵の雰囲気がツボ。


即ポチリw


モデルさんが着るとこんな感じ↓



琉球ぴらす(お店のHPになります)



モデルさんと同じサイズを購入してみますた



調布市文化会館へ

頂き物


母の書道仲間の方の社中展を調布市まで見に行きました。



百人一首、寸松庵色紙、高野切、継色紙など仮名の力作がずらり。


小学生の皆さんの大きな条幅の作品も見応え満点。



紙や展示方法がすごく工夫されていて見ていて飽きませんでした。


帰りに粗品を頂きました。
粗品と言えないような可愛い代物


ワダス好み



革のペンケースも頂いたのですが、
姫路の伝統工芸なんだそうです^^

毎日書道展

昨日より開催されました。
 

『毎日書道会』


↑こちらが毎日書道展、会員展などのサイトになります。

 

今日は、毎日新聞9日朝刊に載っていた、毎日書道展の県内の記事をファイリング。
そしてこれを、公民館へお稽古に来て下さっている方へ配布用に作成。



ちょきちょき、はりはり・・・



あー、なんだろう。
物を切り貼りして作成する作業、やっぱ好きだなー。



あ、「IKKOさん、漢字Ⅱ類で入選」という記事が上がってましたね。
以前何かの番組でIKKOさんの作品が映されましたが、
うん、あれだけ書けていれば間違いなく入選する。(なんで上から目線・・・)
真面目に書道やってるな、と感じました。


IKKOさんの雅号、『雅冬炎』て言うのですね。
同じ東京都美術館に展示されるので、自分の作品を見に行き方々、IKKOさんの作品も探してみよう^^



ところで。
『雅号』とは、作品を展示や出品する際の名前なんですが、
お稽古に行っている先の先生が、弟子に「師範取ったし、名前を与えてもいいかな?」とそのようなタイミングで与える場合が多いと思います。


が、すぶんは、雅号は要らないかな~と思っております。


雅号を付けるほど実力が伴ってないし、
そもそも、
新聞などで発表になった時に誰だかわからないよーってなりますでしょ?






なので旧姓のままでやらせて頂いております。
旧姓がほんのり珍しい方なので、県内であれば「もしや?」と思ってもらえるかな、と。



でも、「(書道をやっているのは知っているけど)旧姓で書道をやっている」という事を知らせていないので、
友人や、元会社の方々に、



「・・・離婚したのかな・・・汗」



と思われること大だな(苦笑)。

日曜日に、


福島県福島市松川町に行って来ました(^-^)。

ロードレースの大会『Mt.ささもり』にダンナ氏出場のためです。

福島市で自転車の大会が開催されるのは初めてだったらしく、
主催者側も凄く丁寧に誘導しているのが分かりました。

いろんな大会で、軽食などの引き換え券が付いているのですが、
今回も、汁物とお蕎麦の引き換え券が付いていました。


「発泡スチロールの器に入れる感じの、いつもみたいにさらっと食べられるやつだろうねー」

なんてダンナ氏と思っていたら、
食事場所が設置されていて、
こんなに立派に蕎麦が出て来た!

6位以上の入賞者への記念品もすごかった。

味噌、卵30個、優勝者へはコレに米10kg。


そこそこ力のある旦那さまをお持ちのオクサマは、

「(次出た時は入賞して来なさいよね(ウソ笑顔。)」

って思った方いると思うw



そして驚いたのは、
選手の中に、Eテレ『みんなの手話』講師の早瀬憲太郎さんが!

早瀬さん、日本ろう自転車協議会の選手で、
8月にブルガリアで開かれるデフリンピックという聴覚障害者の世界大会に
ロード&MTBの選手として出場するんだそうです。
ロードの日本参戦は今回が初なんだそうです。
この日に参加した他のメンバー紹介がありました。


音が聞こえていても危険を伴う競技。
音が聞こえない中のロードは想像を絶します。
でも、頑張って欲しいです!!