2013年12月

大晦日ですな。


クリスマス飾りを先ほど片付けましたが何か?


あ、ツリーはけっこう前に片付けました(`・ω・´)ゞ


画像のお正月飾りは、
一昨年の年末に宿泊施設の近くにあった、那須湯本にある『みちのく民芸店』で購入した、
手のひらサイズのミニチュアおせちー(^-^)


お店の中は、もうホント、
ココロ揺さぶられる小さくてカワイイ日本古来の小物がたくさん置いてあって。
ぜんぜん飽きない店内でした。


では、今年も那須で年越しをします。




そっかぁ^^;

昨年、九州から栃木へ転校してきた姉妹。


以前住んでいた県でお習字を習っていて、
こちらでもお習字をやりたい!ということで、我が教室に通って来てくれています。


栃木は、夏&冬に任意で書き初めの宿題があるのですが、
姉妹ももちろんチャレンジ。



ですが、



以前通っていた教室では、
書き初めや展覧会などに出品する場合、先生が半紙に鉛筆で下書きし、
下書きを筆でなぞって書いて仕上げていたそうな・・・・




姉妹からそんな話を聞いちゃったわたしと母は苦笑い^^;




他県でもそういう教室があるのかー^^;
先生が一緒に筆を持って書いてあげたりとか・・・ね



上手に見せたいのは分かりますが、
本人のためにはならないし。



昨日は妹の方が俄然やる気を出し、納得がいくまで書いてました。




練習を終えると、お姉ちゃんの方が親に電話をして迎えに来てもらうのですが、
昨日は普段より時間がかかっていたので、先に姉妹のお母さんが来てしまいました。
そりゃぁ心配になりますよね・・・



しかしお姉ちゃんナイスな返答。



「今、○○(妹の名前)ちゃんまだ頑張って書いてるの。」
姉妹のお母さん納得されてました^^



わずらわしい、3日目。

一昨日、朝起きたら右目のまぶたが腫れていて。


まぁ、寝ている間に虫にでも刺されたかなー


ぐらいの感じだったのですが、



昨日、気がついた。


まぶたが腫れてるんじゃない。
右目下が腫れてるー
その影響で目の周りがぷっくりしておる。



そして今日も腫れは引かない。



夜、泣いてそのまま寝たら次の日目が腫れてる、というあの腫れぼったさ。



いったい原因はなんなんだー!

ひさびさに、

明日、スムルースのライブに行って来ます。


1年ぶり???


なかなか関東に来ることがないので久しぶりのライブでございます。





最近、運動がてらマイチャリンコ『GIANT エスケープMINI』を乗り回してます。

エスケープMINI

↑画像になります。



この色、もうないのかー。
黄色に近い黄緑色です。
2011モデルなのかー。
あんまり乗ってなかったなー。



10Km漕いで限界がきますw



ふだん全然運動しないからね。
これでスーパーに行くでしょ?荷物をカゴに入れて帰ってくるでしょ?



カゴの重さでハンドル操作大変で、
腕死亡しますから・・・



で、今、死亡中・・・・



子どもを前に乗せて自転車に乗るお母様方スゴイ・・・・
凄すぎるよ・・・・


かぜっぴきでもある。

にんにく



ひさびさにやりましたー、風邪。



小学生の時に扁桃腺&アデノイドを取ってから、尿蛋白が出ない体質や風邪をひかない体質になったのに、



熱は出さねど、
鼻&咳風邪、ひさびさ。



たぶん、
気管支がそんなに丈夫ではないところに、
「運動せねばのー」
とダンナのまねごとで自転車(普通のチャリw)で、ちょっと遠くまで(といっても往復10㎞ぐらい)ピャーっと行ったら、



やらかしたw




気管支がヒューっとね。


わすれてたよ。


扁桃腺取ってから、小・中の持久走大会の3㎞程度でもゴールした後の咳き込みが止まらなくなるのを
わすれてた。



ピューピューと空気が入りやすくなっちゃうんだよね。



冬じゃなかったら多分ならなかったと思うんだ。




ぬーーー



丈夫になってやる!(こどもかっっ)




画像は実家の両親が旅行先で購入してきたお土産の、焼きニンニク。
レーズンみたいに甘くてビックリ!

日本書道美術院 第58回全国競書大会

はがき


結果が来ました-。


一般仮名部へ出品。
『書道美術院特別賞』を頂きました。


授賞式に呼ばれるレベルではありませんが、ギリギリ、東京都美術館へ展示される賞を頂けました。
おおぅ、ビックリ。
うちの書道教室からは『全国競書大会賞』と『書道美術院特別賞』の2名が受賞することができました。


嬉しス^^



どなたかのブログで、この受賞などに詳しく書かれていた方がいらっしゃいましたので、
ちょっと拝借。


~~~~~

<一般部規定>

○部門 漢字部・かな部・新書芸部

○作品 普通半紙・縦書き・語句、書体は自由

○鑑別料 1点600円(一人3点~10点を一組)



<入賞>〔※( )内は、前大会の入賞者数〕

①特待賞(7名、うち一般部1名)

②日本書道美術院賞(10名、うち一般部2名)

③理事長賞(15名、うち一般5名)

④毎日新聞社賞(中学生以上13名、うち一般部8名)

⑤毎日小学生新聞賞(小学生5名)

⑥全日本書道連盟賞(25名、一般部9名)

⑦高野山金剛峰寺賞(38名、うち一般部15名)

⑧全国競書大会賞(110名、うち一般部58名)

※ここまでが、授賞式出席対象、展覧会展示(計.223名、うち一般部98名)(約1.7%)




⑨書道美術特別賞(一般部153名)

※ここまでが、一般部展覧会展示(一般部 約3.5%)




⑩みんなの書特別賞(高校生以下106名)

⑪書芸文化院賞(224名、うち一般部103名)

※ここまでが、教育部展覧会展示(教育部 約2.7%)




⑫秀華賞

⑬推薦

⑭特選・準特選

⑮金賞・銀賞・銅賞(教育部のみ)

※⑫~⑮までが、約94.5%



今回の出品総数を事務局の方にお伺いしたところ、教育部が8,318点、一般部が4,432点の計.12,750点だそうです。授賞式や展覧会展示作品はとても狭き門です!




~~~~~~~~



なんですって!
しらなかったー



3点1組で出品するのですが、1点が600円なので1組1,800円で出品できます。
さらに、裏打ちをせずに出品でき(書道業者などに「作品の裏に和紙を貼り付けて丈夫な状態にしてもらう処理」を頼む場合の裏打ち代も発生しないので)、
かなり良心的な金額設定。


今回はのびのびと、おもしろく書くことが出来たのでそれが良かったのかな?と思います。



東京都美術館で来年1月4日~10日まで展示されます。
同時期に『日書展』『TOKYO 書2014』も開催されているので足を運んで来ようと思います。