2014年03月

ネイルー


数年ぶりにネイルをしてもらいました。
カルジェルです(^-^)




…爪短っ。


いや、わたしはこの長さが実は限界^^;



世間のオサレ女子のように、スラーっと「女の子の手でございます!」な感じに伸ばせないのです。
わたし、指のてっぺんでいろいろ作業をするタイプなので、
爪を伸ばしている方のように、指の腹を使うあの感覚がニガテなのです。



明日、母が所属している書道の会の新年会へわたしも参戦^^;(ホテルオークラですって…)
ふだん全く爪に無頓着だったので、意を決してネイルをやってもらった次第でございます。
TPOを考えて^^;

しかし、ネイルって値段が高いわ~^^;


スポンサーサイト

むむむむむ・・・

暖かくなってくると、


雑貨や服への購買意欲が出てくる・・・




出てきません??




色が華やかになるからかしら??






ガマンガマンガマン・・(笑)

ねこざぁ~むらい


映画『猫侍』を観て来ました。


ローカル局でしか放送していないドラマで、
北村一輝さん扮する浪士が、1匹の白猫に出会った事から起こる事件、


内容はとにかくゆる~いハートフルコメディ(笑)。


北村さんの強面から想像つかないようなヘタレな心の声や、相方の白猫の可愛さ、



「動物好きな人間で悪いヤツはいない」



を地で行くストーリー。



ドラマ版でどハマりして、
映画も張り切って観て来ました(笑)。


映画版の方が北村さん扮する斑目久太郎は人間味が溢れてたw



北村さんがネコにふと見せる笑顔、
寺脇康文さんとの殺陣の凄さのギャップ、
斉藤洋七さん&小野寺昭さん扮する親分のゆるくも(笑)動物への正論、



もうね、



『ココロが平和になった』よ。



宇都宮の映画館で1日1回の上映しかありませんでしたが、ほぼ満席。
エンドロール中、誰も席を立つ人がいなく…


エンドロール中の会場内の様子で
その映画の内容に満足したかしないかが分かりますよね。



ドラマ版は日光江戸村&鹿沼市、
映画もほぼ日光江戸村で撮影だったらしいのですが、全然知らなかったー






電車の中で、

黒人の方にナンパ?というかお声をかけられましたw
座っていたわたしの隣に乗車して座った、旅行帰りっぽい黒人の方。



花粉症の影響で鼻がちょっとズーズー言っていたのが



「泣いている」



と思われたのか、



隣に座っていた黒人の方に



「オゲンキデスカ?」



と声をかけられる(たぶん、彼的には「ダイジョウブデスカ?」の意味合いの発言かと)。




無視するのも悪いかと、



「お元気です。」



と答えてみる。



そうすると、




「ワタシハアナタトオトモダチニナレマスカ?」



と来た。




わたしの少ない脳みそで頑張って考えたわ。




(とりあえずお断りをしなくては!)



タイミング良く下車駅に止まる前。




「申し訳ありません。次の駅で降りるのでお友達にはなれません^^;」




と、丁重にお断り申し上げました^^;




黒人の彼は、




「ソウデスカ。アリガトウ。」と・・・




わたしが降りる際に「デハ、マタ^^。」と。




ちょっとキンチョウした一瞬でした^^;



















あれま!

ぼーっとしてたら、もう3月に入って10日じゃないですか!!



・・・・。




はやい、速すぎる・・・




今日は東京大空襲があった日。
何回か空襲がありましたが、
被害が1番大きかった今日を定めたそうです。


空襲の日も風が強かったんですよね。


偶然かなんなのか、


関東は暴風です。




母は終戦約1年半後に江東区深川生まれの錦糸町育ち。



祖父が無事帰還、祖母が雑司ヶ谷で軍需工場にいた日、防空壕に逃れていなければ、
母とわたしは生まれていなかったという日でもあるのだな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。