2014年10月

当たった!(笑)



いつも行くスーパーで、ほぼ毎月ガラガラくじがあるのだけど、
今日はその最終日。

いつも、駄菓子&十六茶が当たるので(ハズレです(笑))、
今日もこれ狙いでガラガラと5回回してみました。


5回中4個が駄菓子&十六茶(笑)。
1ついつもと違う色の玉が。


店員さんが後ろを振り向き、
「こちらになります(^-^)」
と、画像の箱を見せてくれました。


私は「この箱の中の1つが貰えるのね」といつもと違う景品に「(わーい(^-^))」と喜んでいたら


「よいしょっ」と店員さんが箱ごと私に手渡しました(笑)。


「えっ!1箱ですか!?(笑)」


と思わず店員さんに言ってしまったです。


直接火にかけるタイプの鍋焼きうどん。18個入り。
投げたら壊れます。


笑。



スポンサーサイト

ジャパンカップ サイクルロードレース!

行ってきました!19日、宇都宮市森林公園周回コース!

天気が良かったことと(昨年は土砂降りの激寒!!)、
ロード自転車へのここ数年の関心の高まり&宇都宮ブリッツェンの活動が浸透してきたことが相成って、


過去最高の観戦者数8万人の(前日のクリテリウム観戦4万人入れると12万人!)大会だったそうです。


ダンナとコース上を歩いていて「今年お客さん明らかに多いよね?」と何度会話したことか(笑)


やはり実際目で見る臨場感&スピードは、
スカパーで見る『ツール・ド・フランス』やらツール・ド・なんとか(海外のいろいろな大会)とは迫力が全然違ったわー

ヨーロッパ戦は空撮の街並みや古城などの雰囲気がとても素敵なのですが、
やはり迫力が違った!



近すぎてチャリに轢かれるかと思ったもん。



ダンナにも「今轢かれそうだったでしょー(笑)」


と言われました(笑)。





お、マビックの車が来た!先頭集団が来るぞ!

自転車


きた!!
自転車2


メイン集団もきた!!
自転車4

ひゃーーーー近い!!
自転車3

いやーーー!
自転車5

きゃーーーー!
自転車6



ホンと轢かれるかと思った(笑)。
ここまで近くで観戦できたのは実は初めて。
上り坂なのにあっという間に過ぎ去って行きました。
平坦なコースだったら一瞬なんでしょうね。車と同じスピードだし(笑)

一文字書道コンクール

書道



先週ですが、矢板市文化会館で開催された『一文字書道コンクール』へ行って来ました。


今年は全国から2700点もの作品が出品されたそうです。


会場内に所狭しと全作品が展示されるので、作品を探すのが大変(笑)。


自分の作品2点中1点を探し出すことができなかったww
ま、いいやー


教室の壁に、生徒が出品した作品の入賞作品を貼り出してみました^^
今年は出品者全員「銅賞」以上の入賞!
わーい^^

展示会場がそこそこ遠いことと、3連休中でしたので用事があって作品を見に来ることができなかった生徒は、
こんな写真でも^^;うれしそうに「わー!あったー!」と喜んでくれました。


賞状が毎年凝っていて今年のデザインは柿沼翠流先生の稽古場の筆達の画像を基にした賞状。


来年は柿沼先生の教室の展覧会があるので、来年のコンクールは1度お休み。
再来年またがんばるぞー^^

レッツ!神奈川!



台風18号が関東に上陸する前日、

けれど豪雨の中^^;、
ダンナ氏チャリのポジションやら設定やらの指導を受ける為に横須賀へ。

せっかく横須賀方面へ行くのだからと、ダンナ氏が三崎港へ寄ってくれました。







豪雨の中(しつこいw)ぱぱぱーっと深く考えずに入ったお店『海楼』さん。

さすが三崎だ、まぐろ切身の厚さ&大きさが半端ない。

本マグロ、びんとろ、中トロの3種が乗ったまぐろ丼。

2,400円!

いいお値段…


(笑)


でも、回る寿司とは比べものにならない柔らかさ&食べ応え。
開店直ぐ&雨で空いていましたが、
豪雨でしたが、観光バスが結構来てましたので、
晴れた日は激混みなんだろうな^^;


チャリのポジションの説明をして頂いた方に

「栃木県から来ましたー(^-^)」

なんて気楽に答えたら
ものっそ驚かれ(笑)。


せっかく横須賀方面に来たのだからと、
お勧めのお店を教えてくださりました。


逗子にあります『自遊人処』というピザ&ワインのお店。

隠れ家的なお店ですが、

やー、美味しかった!
この生ハムの乗りっぷり!
お値段は全然高くないのです!
豪雨なのに後から後からお客さんが!


そしてこのお店のご主人にも


栃木県から来たことを告げると驚かれ(笑)。

うちの方にもこんなお店があったらね…

と、

ダンナ氏とちょっと残念になりながらお店を後にしました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。