2015年08月

さいっこうです・・・・・!!(三島P) 笑。

お見事!!!!


大  大  大満足!!!な最終回。


はぁ。。。
もう大好き(笑)。


NHKドラマ10「美女と男子」。


まだ気持ちがふわふわしてる(苦笑)。


最終回で回収しなければならないストーリーが、

・斑目社長と一子の確執はとけるのか?
・一臣(一子の息子)と離婚した夫に会わせられるか?
・大門龍太郎との対立関係はどうなる?
・並木さんと中里麗子の関係はいかに?
・たどころ晋也は離婚した奥さん&娘に会えるのか?
・石野さんの一子への気持ちは?
・一子は向坂遼とレッドカーペットを歩けるのか?


最大ポイント、「遼の気持ちは一子に届くのか?」


ざっと思い当たる節を書き出してみました(ちょっとあやふやです)。

「主軸の話を進めながら、さらに脇の回収を48分で出来るのか?」

と19回の放送時に考えたのですが(そんな内容のツイートが多かったです)、

見事に回収していった!!!!

無理やりではなく、スムーズにスマートにドラマの流れにそって・・・・

もうお見事!!!としか言いようがない。


視聴者のもう一つの重要課題(笑)、



「一子と遼の関係はどうなるの?」



17話で、一子の一言で遼の中の蟠りのようなものがほどけたシーンがあり、
そこから完全に遼の一子を見る視線が優しくなっていったのですが、


もうね、最終回の遼くんね、一子への気持ちがはみ出てた(笑)


「今までこんな向坂遼みたことないわーー(赤面)」


てなるくらい萌え殺されたwwwww


番組冒頭から(笑)。



このドラマで向坂遼役の町田啓太さんは、
「花子とアン」の時の郁弥さんのような笑顔を封印して演技をするように言われていたというようなお話を
聞いたことがあります。


感情をあまり前面に出さない演技がラストに向けて効き出しました。
嬉しさ全開にした表情に視聴者は涙、涙です(笑)。
やっぱりこの人は優しい笑顔が似合う!


向坂遼が世界映画祭での受賞スピーチで目に涙を浮かべて
自分を見つけてくれた一子への恩義と共に、一子へ公開告白をするのですが、
町田さんの実年齢(25歳)を忘れてしまうぐらい表情が「男」になってましたね。


そしてこのドラマの醍醐味はなんと言っても一子が社長を務める「ひのでプロ」(遼と亜衣ちゃんも元はこの事務所)の面子。
みんな仲が良くて、あたたかくて。
ラストもこの面子+遼の笑顔で終わっていくのです。
亜衣ちゃんはラストにこのメンバーと一緒には映らなかったけれど、


成田空港から逃げる時にみんなが乗った車!!!!

亜衣ちゃんの実家(料亭)のバン!!
亜衣ちゃんも一緒ってこと。

こういうちょっとしたところを大切にするところが視聴者に届いたんだと思う。

遼が家の鍵のキーホルダーにしてる「えびのお寿司」のキーホルダーとかね。
(第1話でひのでプロの事務所内で使われたんですよね。えびキーホルダー)

ちょっとしたところの演出の気配り、細やかさが行き届いていたんですよ。


本当に丁寧に登場人物&演出に愛情を注いで制作されたのではないのでしょうか。
それが視聴者に完全に伝わりましたよね。


批判を本当に見ないドラマ。
粗を探そうにもなかなか見つからない。
記者の方も褒めている方が多い。


「隠れた名作ドラマ」と書かれていました。昨日の朝日新聞朝刊に。


第19、20話の再放送が、
来週、再来週の月曜深夜(火曜日)に放送します。
もちろん見ます。
そして見終わったあとの高揚、余韻で寝られなくなる良い意味の負のスパイラル(笑)を体験したいと思います。



本当にステキなドラマをありがとう。
わたしの中に伝説ドラマとして君臨しました。




スポンサーサイト

みんなの頑張り。

習字


ちょいとごちゃごちゃしてお見苦しくてスイマセン・・・


県の課題の書道の作品作りの風景です。
使用する規定の紙が大きいので、みんな書きやすいと思われる思い思いの書き方で書いています。


昨日はみんな気合入ってたなー


「美女と男子」のこと。

7/23、24の記事で



「美女と男子」というドラマにハマっている。



という記事を書きましたが (7/23 7/24)、



わたしの気持ちをまるで代弁してくださっているかのような、
「美女と男子」の感想を述べていらっしゃるブログを発見しました!



えつねぇの気まぐれ日記
(ブロガーさんに許可を頂きました。)



読ませて頂いて、
多分、というか、間違いなくほぼ全視聴者の気持ちも同じ事を感じていると思います。


このドラマ、視聴者の感じ方のベクトルも間違いなく同じ方向を向いている感じがします。
批判が少ないんですよ。不思議なことに。



「美女と男子」。



今日の夜の放送を入れて残りあと2回。



美女男ロスが始まっております(苦笑)。



「えつねぇの気まぐれ日記」、ほかにもいろいろなドラマ記事を書かれています。
ぜひ足を運んでみてください



またいろいろ読みに行ってしまおう(笑)。

終戦記念日

昨日、NHKで放送されたアニメ「団地ともお」が何気に内容が深かったです。


このアニメ、の主人公のともおくんは私が小学生時代にはいたであろう、
団地のみんなと外で遊ぶのが大好きで、ごはんを食べることも大好きで、勉強がちょっとニガテな


「ザ・小学4年生男子」


なともおくん(笑)。


そんな「団地ともお」が好きだったのですが、いつのまにか最終回を迎えていて^^;
久しぶりに見かけて嬉しくなって(笑)、そのまま観ていると時期的なものもあり内容は「戦争について」でした。


団地の住人や地域の人々を通して
戦争を体験した人、戦争を知らない人、意見&認識の違いなどがとても分かりやす入ってきました。


もちろん、ともおくんはくだらないことで怒られたり、ひまわりの成長絵日記をつけたり、
お昼の素麺がまた同じことにがっかりしたりと普通の日常が描かれています。


そんな中、とても自分にとってグッときたセリフがありました。
夏休み中の登校日にともおくんが担任の先生に投げかけた疑問です。


「終戦記念日って戦争が終わったことを喜ぶ日なの?たくさん人が死んだから悲しむ日なの?」
「戦争は負けたから悲惨なの?勝ったから喜ぶの?」
「戦争って国境があるから起こるの?起こらないの?」


とどめは


「おれみたいな子孫に命を懸けて良かったって思ってもらえるように2学期がんばる。」



と一言。


うまく言えないんですけど、ものすごく刺さりました。
深く真面目なセリフ回しじゃないんですよ、このセリフのトーンが。
なにげなく発した「そうなんだ~」ぐらいの軽いトーン。
だから余計に刺さりました。



こんなことをぼんやり考えていた8月15日です。

とにかく暑い。

暑すぎて、外に出られない。


もはや「暑い」じゃなくて「熱い」。


お昼前から30℃を超えるって何事!!


エアコン点けても、部屋の中が30℃を下回らない^^;



エアコンのない2階。



恐ろしくて行けない・・・・・・・笑

初!草津温泉♪

草津



初、だったと思う(笑)、in 草津。


水上、伊香保は行ったことはあるけれど、草津はやっぱり初かな(?)。


水上方面の月夜野にある群馬サイクルスポーツセンターで自転車のレースがありまして、
いつものごとく、旅行がてらの自転車レース・・・自転車レースがてらの旅行?(笑)なので、


あと、


温泉に行きたい。


という精神状態になっていたので、


じゃあ草津で。


と相成りました(あれ?水上も温泉ありましたよね?)。


群馬北部から西の果て、長野よりまで山道をくねくね・・・・(ダンナありがとう!)


今回は大きな旅館などではなく、湯畑から少し離れた「きんだいペンション」さんに宿泊しました。


源泉かけ流しのお風呂が5つあり、
「入浴中」のプレートをかけて貸切で入れるのです!
大浴場が実はあまり好きではないので大変助かりました。


でも、お湯激熱!!


しばらくの間、お湯を撹拌するあの板(笑)でかき回してました(笑)


そして温泉が効いたのか、
信じられないぐらい爆睡しました^^;


草津1


食事もこんな感じの洋食が出されるという(浴衣で食事OK)オサレなシステム(笑)だったのに、
私たちの宿泊プラン(一番シンプルなプラン)で税込みで約10,000円!!


ペンションの方も気さくな方で、本当にリラックスして過ごすことができました。
またここに宿泊したいわ~^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。